教育概要

西の京病院看護部は「クリニカルラダー」『プロジェクト学習』を取り入れ、我々が目指す看護を実践できる人材育成に取り組んでいます。

新人看護職員教育は、ガイドラインに沿った新人職員研修が計画されており、一年間取り組んだ研修の様子は小冊子にして、本人に渡しています。

看護協会の新人卒後研修と院内研修、集合研修(OFF-JT) とOJTを連動させて新人が職場に適応しやすい様な体制にしています。

クリニカルラダー

組織・個人の成長

ラダーとは「はしご」の事です。はしごを登るように一歩一歩、看護実践能力を向上させようとする願いも込められています。
各個人の臨床実践能力を高め、看護師としての将来像を明確化させる効果があり、キャリア開発の足掛かり(動機付け)となるものです。
当院では、西の京病院の看護師として求められる臨床実践能力を、段階別に表し、各ラダー毎に到達目標を設定しています。また、具体的行動目標を明らかにし、取り組みやすい様にしています。

プロジェクト学習

目標管理にプロジェクト学習を取り入れる

プロジェクト学習とは、目的(何の為に)、目標(何をやり遂げたいのか)を明確にして取り組む学び。
プロジェクトとは何かを生み出すこと。目標へ向かい獲得した知識やスキルを現実に活かせる能力が身に付きます。

目標管理サイクル

面接を通して、スタッフ一人ひとりが目標達成に向け、自己の仕事に意欲を持ち、取り組む事ができるよう支援しています。

基礎看護技術研修

学習到達目標

基礎看護技術の習得

学習内容

スタンダードプリコーション/採血/静脈内注射/皮下注射/無菌操作/ガーゼ交換/酸素吸入/吸引 バルンカテーテル挿入/ST・EDチューブ挿入介助、固定/末梢ラインの挿入・固定/輸液管理 シリンジポンプ・輸液ポンプの取り扱い

シミュレーション研修(急変時の対応)

日々の看護業務の中で発生する急変の場面を体験し、安全に対処できることを目標に実施

康仁会研究発表会

当院では毎年、看護部をはじめとし、各部署(科)が臨床医学研究の一年の集大成として研究成果を発表する機会を設けています。

医療の質を高め、社会への貢献を目標に向上心を忘れず取り組み続けています。

Page Top