入院中の食事

管理栄養士・栄養士・調理スタッフがそれぞれの患者様の病態に応じた献立を作成して調理を行い、治療の一端を担っています。
また、おいしい食事を作ることと同時に安全な食事提供を心がけ、衛生管理の保持に努めています。

※食事が食べられない・栄養状態が悪いなどの患者様にはNST(栄養サポートチーム)の活動を行っております。

食事の時間

朝食 昼食 夕食
7:30 12:00 18:00

適温給食提供として温冷配膳車を使用し、冷たい食べ物は冷たく、温かい食べ物は温かく提供できるようにしております。
各階へ順番に配膳していますので、部屋により時間のずれが生じます。

食事の種類

主治医の指示により、病状に応じた食事を提供しています。

一般食
  • ・常食
  • ・高血圧食
  • ・軟菜食
  • ・流動食
  • ・嚥下訓練食
特別食
  • ・貧血食
  • ・心臓食
  • ・肝臓食
  • ・膵臓食
  • ・易消化食
  • ・分割食
  • ・脂質異常症食
  • ・糖尿病食
  • ・糖尿病性腎症食
  • ・腎臓病食
  • ・糖尿透析食
  • ・透析食

※食物アレルギーをお持ちの患者様は入院時にお伝えください。

食事形態

患者様の状態や咀嚼能力に応じて、摂取しやすい食事を提供しています。

キザミ食・・・  一口大・キザミ・極小きざみ
嚥下食・・・・  食べ物をのみこむ力が弱くなった患者様には、あんかけ(とろみをつける)、ミキサー食、ゼリー食を提供しています。
串さし食・・・  安静が必要な方や利き手を受傷しているなどの患者様に。

行事食

おせち料理、ひな祭り、七夕、クリスマスなど毎月1回季節に合わせた行事食を行っております。


2月 節分


3月 ひなまつり


10月 行楽弁当