病院施設案内

3階南 療養医療病棟

療養型病棟

療養医療病棟とは急性期をすぎ、病状が安定された方で、疾病の後遺症や歩行障害などが残り、医師の診断でリハビリに専念し、社会復帰を目指す方の病棟です。
当院の療養型病棟は完全型と呼ばれる療養医療病棟で、一般病棟と比べ、居室面積や廊下幅が広く、機能訓練室、食堂、談話室、浴室などを兼ね備えています。
また、部屋のタイプは個室、2人部屋、4人部屋で、室内をブラウンで統一し、心のやすらぐ空間づくりを考えた、患者さまのアメニティにも配慮した病棟となっています。
平成26年7月1日より、介護型療養病床(50床)を医療型療養病床に変更。100床の医療型療養病床になりました。平成26年11月より医療療養病床50床を地域包括ケア病床に変更し、医療型療養病床は50床になりました。

病棟
病棟