病院の沿革

病院外観
昭和61年10月 西の京病院開設
一般病床109床、ICU6床、人工透析17床
昭和63年1月 医療法人康仁会設立
平成元年5月 新館建設
一般病床33床増床(全142床)
人工透析18床増床 (全35床)
MRI(MRH500)導入
平成2年5月 一般病床35床増床(全177床)
平成4年12月 透析センター25床増床 (全60床)
平成8年12月 本館・新館改装
平成9年5月 介護老人保健施設 ロイヤルフェニックス開設
訪問看護ステーション かがやき開設
平成12年5月 一般病床57床減床
療養病床79床増床(全199床)
平成12年6月 透析センター2床増床(全62床)
平成13年5月 透析センター8床増床(全70床)
平成13年8月 新館建設
新手術室開設、多目的ホール開設
平成13年11月 外来診療部門改装終了
平成13年12月 ハイテスラMRI導入
平成14年7月 フルオープン(許可病床数248床)
平成16年6月 マルチスライス6 CT
平成16年10月 メディカルプラザ薬師西の京開設
PETカメラ3台、全身MRI 1台
マルチスライス64CT 1台
透析センター併設(CAPD部・人工透析36床)
平成18年8月 心臓血管カテーテル室開設
平成19年1月 美容医療センター開設(平成20年8月西の京病院美容外科に改名)
平成20年8月 「メディカルプラザ薬師西の京」が「西の京病院」の一施設となる。(一体化)
平成20年10月 院内保育所ひかり開設
平成21年 7月 DPC対象病院として厚生労働省の認定を受ける
新東棟オープン
整形外科向けプランニングツール「Ortho Planner」導入
オーダリングシステム導入
平成21年10月 ハイパーサーミア治療(温熱療法)開始
平成21年12月 7対1看護配置基準を取得
平成22年2月 マンモグラフィ検診施設画像認定を取得

マンモグラフィ検診施設画像認定
平成23年5月 歯科開設
平成23年6月 介護付有料老人ホーム メビウス大和郡山開設
平成23年10月 西大寺クリニック開設
平成24年8月 血管内超音波診断装置(IVUS)導入
平成24年9月 手術用ナビゲーションシステム導入
平成25年4月 下肢静脈瘤治療用レーザー導入
平成25年10月 全身骨密度測定器導入
平成26年1月 救急外来改修・外来化学療法室設置(3床)
本院透析2床増床(68床)、プラザ透析2床増床(38床)
平成26年7月 介護型療養病床(50床)を医療型療養病床に変更
平成26年11月 医療型療養病床(50床)を地域包括ケア病床に変更
ハイケアユニット(3床)を設置しました
平成27年3月 プラザ第二透析センター(36床)を開設しました
平成27年4月 奈良県内で初めて、先進医療「実物大臓器立体モデルによる手術支援」の認定施設の認可を受けました。
平成28年4月 最新MRI(1.5テスラ)入替
平成28年10月 西の京病院創立30周年を迎える
平成28年11月 電子カルテシステム稼働