西の京脊椎人工関節センター

西の京脊椎人工関節センターイメージ 西の京病院の西の京脊椎人工関節センターでは、最新の医療技術および医療設備を導入し、できるだけ患者様に負担のかからない手術法をご紹介し、症状によって実施できる場合は、当センターの専門医が綿密に検査、カウンセリングを行いながら手術を行います。
 当センターの特色は、低侵襲手術であり、脊椎外科および関節外科の治療法の中でも、MIS法(極小侵襲手術)を積極的に取り入れ、患者様の術後疼痛の軽減や早期社会復帰を目指しています。

氏 名

内藤 浩平

役 職

整形外科部長 兼 西の京脊椎人工関節センター長 兼 リハビリテーションセンター長

出身大学

昭和61年 島根医科大学卒

専 門

関節外科
四肢外傷(スポーツ外傷含む)
足の外科

資格・認定医

  • ・医学博士
  • ・日本整形外科学会専門医
  • ・日本整形外科学会スポーツ認定医
  • ・日本整形外科学会リウマチ認定医
  • ・日本リウマチ学会専門医
  • ・日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • ・日整会認定運動器リハビリ医
  • ・日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  • ・骨粗鬆症学会認定医

氏 名

人羅 俊明

役 職

部長

出身大学

平成10年 神戸大学卒

専 門

関節外科
四肢外傷
骨粗鬆症
骨軟部腫瘍
脊椎外科

資格・認定医

  • ・医学博士
  • ・日本整形外科学会専門医
  • ・日本整形外科学会認定リハビリテーション医
  • ・日本整形外科学会リウマチ認定医
  • ・日本整形外科学会スポーツ認定医
  • ・日本体育協会公認スポーツドクター

氏 名

福居 顕宏

役 職

リウマチ科部長

出身大学

昭和47年 奈良県立医科大学卒

専 門

リウマチ
手の外科

資格・認定医

  • ・日本リウマチ学会リウマチ指導医
  • ・日本整形外科学会専門医

非常勤

氏 名

山田 素久

役 職

副部長

出身大学

平成4年 埼玉医科大学卒

専 門

関節外科
四肢外傷(スポーツ外傷含む)

資格・認定医

  • ・日本整形外科学会専門医
  • ・日本整形外科学会スポーツ認定医
  • ・日本整形外科学会脊椎脊髄病医

氏 名

岸田 宗久

役 職

地域包括ケア病棟部長

出身大学

昭和61年 鳥取大学卒

専 門

四肢外傷
関節外科

資格・認定医

  • ・医学博士
  • ・日本整形外科学会専門医
  • ・日本整形外科学会スポーツ認定医
  • ・日本リハビリテーション医学会認定臨床医

氏 名

石井 啓介

出身大学

平成16年 関西医科大学卒

専 門

脊椎外科
四肢外傷

資格・認定医

  • ・日本整形外科学会専門医
  • ・日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • ・日本整形外科学会認定リウマチ医

非常勤

氏 名

岩田 圭生

役 職

医長

出身大学

平成8年 京都府立医科大学卒

専 門

関節外科(特に肩、肘関節)
四肢外傷

資格・認定医

  • ・医学博士
  • ・日本整形外科学会専門医
  • ・日本整形外科学会スポーツ認定医
  • ・日本体育協会公認スポーツドクター

非常勤

氏 名

尾崎 律郎

出身大学

平成18年 久留米大学卒

専 門

肩関節外科
スポーツ整形外科

資格・認定医

  • ・日本整形外科学会専門医
  • ・日本整形外科学会スポーツ認定医

MISとは

MIS(Minimally Invasive Surgery)法とは1990年代後半にアメリカで行われ始めた人工関節置換術の新しい手術方法です。皮膚、筋肉、腱の切開を最小限にとどめ、患者様の身体的な負担はもちろん、入院期間も従来の約3分の1ですむ画期的な手術法で、MISは日本語で極小侵襲手術と言われています。切開部分の比較では、従来法では15〜20cm必要なところ、6〜9cmですみ、さらに膝関節や股関節周辺の筋肉や神経をほとんど傷つけないため術後のダメージが少なく3週間以内に退院が可能となります。これによって、仕事への支障が出る、日常生活の復帰を心配され、痛くても人工膝関節・人工股関節置換術を躊躇されていた方も前向きに検討していただける時代となっています。ただ、手術手技の習得が困難なため、国内には執刀医が非常に少ないのが現状です。当センターでは国内外でMISの手術研修を行い、その技術を習得した専門医が常勤し治療に臨んでいます。

人工膝・股関節置換術におけるMIS法

●人工膝関節置換術(MIS法、MIS−QS法)

 年齢とともに膝関節の軟骨がすり減り、痛みを感じ、ひどい場合には歩くのも困難となる変形性膝関節症(写真1)。また、関節リウマチや外傷後の膝関節の障害に対して、従来より人工膝関節置換術による治療が行われてきました。この方法は、擦り減った関節表面を金属やポリエチレンなどの人工のものに取り替える手術です(写真2)。従来は皮膚や皮下組織を20cm程度大きく切開し(写真3)、筋肉切断したり筋肉と腱の間を切開したりし、関節表面を加工したり、人工関節を取り付けていましたが、MIS法は6〜9cmと小さく切開し、筋肉組織のすき間を広げて骨を加工したり、人工関節を取り付けるという大きな違いがあります(写真4)。

従来法は手術的に容易ですが術後のダメージが大きく30〜50日の入院期間が必要でした。一方MIS法は、手術時に高度な技術を要するものの、2〜3週間で退院できる患者様も多く、日常生活に平易に戻れるという大きなメリットがあります。また関節の症状が軽い場合は、全く筋肉を切らずに人工関節を挿入できるMIS-QS法が実施でき、さらにダメージを小さくし早期退院が可能となっています。

●人工股関節置換術(MIS-PL法、MIS-AL法)

 膝関節と同様、年齢と伴に軟骨が擦り減り股関節の痛みがくる変形性股関節症(写真5)や先天性股関節脱臼、関節リウマチ、大腿骨頭壊死などで障害された股関節の治療法に、人工股関節置換術が行われています。この手術は、破壊された股関節の骨盤側(屋根の部分)を加工し人工の金属の臼蓋を挿入し、大腿骨側の骨頭(体重を受ける丸い部分)を切除して、金属の骨頭を大腿骨に挿入する手術です(写真6)。この手術法もMIS法が開発され、従来と比較して、手術侵襲度は非常に軽度となり、皮膚の切開や筋肉の損傷がほとんど無いため、術後の疼痛や入院期間の短縮など、患者様の負担がかなり軽減しています。皮膚切開は6〜10cm程度(写真7・8)で、術後翌日より歩行が可能となります。入院期間は10日から20日程度と従来法の約1/3程度になっています。筋肉の切離がほとんど無いため、術後の脱臼の頻度が少なく正座が出来る患者様もいらっしゃいます。当センターではMIS法のなかでMIS-PL法とMIS-AL法を使い分け、患者様の症状や進行度と生活様式やご希望をお聞きし、最も適した手術法をアドバイスさせていただいています。


●人工関節の寿命

 人工関節の寿命は目安として10〜15年ですが、患者様によってはもっと長く使用することができます。寿命については、患者様の体重、活動レベル、下肢の他の関節に何か疾患があるかどうかなど多くの因子によって左右されるため、明確な年数は記述できませんが、これからの人生を前向きに展望していただいて判断していただくことが大切です。現在では高齢であっても、身体の状態が健康であれば、古い人工関節を外して、新しい人工関節に交換する再置換手術も可能となっています。詳しくは、患者様のライフスタイルをお聞きしながら、最適な治療をご紹介させていただきますので、当院の西の京脊椎人工関節センターまでご相談ください。

脊椎外科におけるMIS

●腰椎椎間板ヘルニアに対するMED(鏡視下髄核摘出術)法

 腰椎椎間板ヘルニアは頻度の高い疾患で、坐骨神経痛や足のしびれ・筋力低下などを生じるため、仕事や日常生活に支障が出て、各種注射(ブロック)治療や理学療法などが行われています。しかし、どうしても症状が続く場合、背中を切開し直接ヘルニアを外科的に取り除く手術が行われていました。最近では、このような治療法に代わり、切開は約1.8cmで、特殊な筒を背中に埋め込み、ファイバースコープカメラで創部を見ながら手術を行うMED(鏡視下髄核摘出術)法が盛んに行われるようになり、良好な治療結果を出しています。当センターでは、腰椎椎間板ヘルニアに対するMED(鏡視下髄核摘出術)法の導入はもとより、患者様の進行度によっては腰部脊柱管狭窄症の治療としても同様の方法で行っており、術後翌日より離床が可能になっています。

●胸椎・腰椎圧迫骨折に対する椎体形成術

 高齢化社会を迎え、年齢に伴い骨粗鬆症が進行するのは避けがたい老化の一部分であり、それに起因する胸椎や腰椎の圧迫骨折(椎体が潰れるように折れる 写真9)が非常に多く見られるようになりました。圧迫骨折や大腿骨頚部骨折など骨粗鬆症は、脳血管疾患の次、寝たきり原因の2番目に多い疾患となり、患者様ご自身も高齢者を抱えるご家族様にとっても大きな問題です。特に圧迫骨折はほとんどの場合、有効な治療は無く安静臥床が主体で、ますます足腰が弱りしかも長く腰痛や背部痛を我慢しなければなりません。しかし、最近では歩けないほどの腰痛やどんどん椎体の潰れが進行する場合、椎体に特殊な筒様の針を入れて、潰れた椎体を元に戻したり、椎体にセメントや人工の骨を注入して骨を丈夫にする椎体形成術(写真10)がマスコミに取り上げられて紹介されています。
 当センターでは、椎体形成術低侵襲で行うため、局所麻酔のみで施行しております。
術後は約1〜2日間の安静のみで、起立・歩行が出来るようになり、長期の安静を必要としません。また、局所麻酔で行うため、高齢の方でも無理なく行うことが出来ます。