整形外科

整形外科イメージプロの目があなたの健康をお守りします

 当院の整形外科には8名の整形外科専門医が在職しており、内2名はリウマチ学会専門医、1名はリハビリテーション学会認定医を取得しており、人工関節手術、脊椎外科手術、四肢外傷の診療が可能な体制を取っています。
 当科は、高齢化社会を反映して四肢の関節痛や腰痛を発症する慢性疾患に対応しており、股・ひざ・肩の各関節症、腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症、腰椎圧迫骨折、関節リウマチ、透析に伴う関節症、その他関節症の診療を行っています。手術は股関節・ひざ関節・肩関節の各人工関節手術、脊椎の除圧術や固定術、大腿骨頸部骨折、橈骨遠位端骨折など各種外傷に対する手術に取り組んでいます。
 また、リハビリテーションセンターでは四肢関節痛や脊椎の疼痛を緩和・改善して、自立した生活をなるべく長く送っていただけるような診療を目指していますので、まずは四肢関節・脊椎の痛みについて当科にご相談ください。

氏名 出身大学/
卒業年次
専門 資格・認定医
整形外科部長 兼
西の京脊椎人工関節
センター長 兼
リハビリテーション
センター長
内藤 浩平
島根医科大学
昭和61年卒業
関節外科
四肢外傷
(スポーツ外傷含む)
足の外科

・医学博士

・日本整形外科学会専門医

・日本整形外科学会スポーツ認定医

・日本整形外科学会リウマチ認定医

・日本リウマチ学会専門医

・日本整形外科学会脊椎脊髄病医

・日整会認定運動器リハビリ医

・日本リハビリテーション医学会
認定臨床医

・骨粗鬆症学会認定医

コメント:
人工関節の治療から関節リウマチ、骨粗鬆症の治療に取り組んでいます。
お気軽にご相談下さい。
リウマチ科部長 福居 顕宏 奈良県立医科大学
昭和47年卒業
リウマチ
手の外科

・日本リウマチ学会リウマチ指導医

・日本整形外科学会専門医

コメント:
大三輪病院(現国保中央病院)、奈良医大、県立三室病院、県立奈良病院を経て、当病院にて毎、月・木曜日にリウマチ外来として診療をしております。宜しくお願い致します。
地域包括ケア病棟部長岸田 宗久 鳥取大学
昭和61年卒業
四肢外傷
関節外科

・医学博士

・日本整形外科学会専門医

・日本整形外科学会スポーツ認定医

・日本リハビリテーション医学会
認定臨床医

コメント:
四肢外傷を中心に、広く一般整形外科およびリハビリテーション治療を行っております。
チーム医療を心がけ、患者様の立場に立った医療を提供できるよう努力いたします。
副部長山田 素久 埼玉医科大学
平成4年卒業
関節外科
四肢外傷
(スポーツ外傷含む)

・日本整形外科学会専門医

・日本整形外科学会スポーツ認定医

・日本整形外科学会脊椎脊髄病医

コメント:
一般整形外科はもとより、スポーツ外傷にも取り組んでいます(特に膝関節疾患には力を入れています)
副部長人羅 俊明 神戸大学
平成10年卒業
関節外科
四肢外傷
骨粗鬆症
骨軟部腫瘍
脊椎外科

・医学博士

・日本整形外科学会専門医

・日本整形外科学会認定リハビリテーション医

・日本整形外科学会リウマチ認定医

・日本整形外科学会スポーツ認定医

・日本体育協会公認スポーツドクター

コメント:
整形外科のことでも、それ以外でも、何でも気軽に相談してください。
医長岩田 圭生 京都府立医科大学
平成8年卒業
関節外科
(特に肩、肘関節)
四肢外傷

・医学博士

・日本整形外科学会専門医

・日本整形外科学会スポーツ認定医

・日本体育協会公認スポーツドクター

コメント:
保存療法を第一に考え、手術が必要な場合には鏡視下手術などより低侵襲な手術を心がけています。
石井 啓介 関西医科大学
平成16年卒業
脊椎外科
四肢外傷

・日本整形外科学会専門医

・日本整形外科学会脊椎脊髄病医

・日本整形外科学会認定リウマチ医

コメント:
この病院に来られた方々、一人ひとりの希望に沿う治療の実現に向けてTeam一丸となって取り組んでいきます。

整形外科手術件数  平成28年度(H28.1.1〜H28.12.31)
▶クリックしてご覧ください

骨軟部腫瘍(こつなんぶしゅよう)とは

骨にできる腫瘍を『骨腫瘍(こつしゅよう)』、骨のまわりの筋肉、神経、脂肪、血管などのやわらかい組織にできる腫瘍を『軟部腫瘍(なんぶしゅよう)』といい、この2つをあわせて、『骨軟部腫瘍(こつなんぶしゅよう)』と言います。骨軟部腫瘍には良性と悪性があり、悪性のものを『肉腫(にくしゅ)』と言います。悪性の骨腫瘍は、年間、人口10万人に1人ほど、悪性の軟部腫瘍は年間、人口10万人に3人ほどの発生頻度で、がんに比べるとまれな病気です。さらに種類が多く、診断に難渋する場合が少なくありません。たとえ良性であっても腫瘍によっては再発しやすく局所制御不能になるものもあり、また、悪性では、安易に切除すると局所再発や転移のため、四肢機能や命を失うこともありますので、専門医による診断や治療がとても重要になります。
また、がん治療の進歩に伴い転移性骨腫瘍で苦しむ患者さんが多くなっています。これまでは骨転移が発見されても手術の選択肢はあまりありませんでしたが、最近では転移性骨腫瘍に対しても、すべての症例に対して適応があるわけではありませんが、積極的に手術治療を行うことにより患者さんのQOL(生活の質)やADL(日常生活動作)を改善することも可能となっております。
手や足、体にしこりがあって気になる方、近くの病院で腫瘍を指摘されたもののそのまま治療を受けておられない方、転移性骨腫瘍でお困りの方は、遠慮なく相談におこしください。骨軟部腫瘍の専門医が診察し、個々の患者さんの状態に応じて適切な治療や治療方針を提案させていただきます。

整形外科 人羅俊明