業務紹介 内視鏡業務

内視鏡室での業務は医師の直接介助と機器の洗浄と消毒です。我々臨床工学技士は医師、看護師、クラークと連携して、患者様に安心、安全な治療を提供できるように、日々努力しております。

内視鏡について

内視鏡検査ではファイバースコープを用いて胃カメラ検査や大腸カメラ検査を行い、胃がんや大腸がんの早期発見に努める検査となっています。
医師の指示のもと検査の準備から介助、洗浄・消毒、医療機器の管理を行っており、当院ではオリンパス社製のEVIS LUCERA ELITEとEVIS LUCERAの2台を導入しています。
最大の特徴は狭帯域光観察NBI (Narrow Band Imaging)を使用できることです。
NBIは狭帯域化された2つの波長の光を照射することによって、粘膜表層の毛細血管や粘膜微細模様を強調できます。これによりがんの早期発見が可能となります。
また、治療時間の短縮や不必要な生検を減少させることができます。

EVIS LUCERA ELITE

EVIS LUCERA

臨床工学技士の役割について

当院では麻酔薬を使用し内視鏡検査を行っており、検査中のバイタルモニタの記録、患者さんの介助、組織の採取(生検)にも携わっています。また、EMR(内視鏡的粘膜切除術)やESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)、ERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)といった専門的治療においても専用スコープの準備や電気メスの準備、出血している部位の止血、ポリープの切除などで使用する処置具(高周波スネア)を操作し、医師の介助も行っています。

洗浄、消毒について

洗浄、消毒には富士通社製 ESR-100を3台導入しています。
内視鏡用高水準消毒剤として過酢酸を使用することによって、安全かつ確実な洗浄、消毒を行っています。

洗浄機

洗浄の様子

内視鏡の準備の様子