脊椎センター

西の京病院脊椎センターでは、首や腰など背骨の加齢に伴う病気に対する手術治療を行っています。脊椎外科のスペシャリストがこれまでの豊富な手術治療経験を活かし、できるだけ小さい傷口で、患者様の体に対する負担の少ない方法(低侵襲)で手術を行い、早期の社会復帰を目指しています。
「脊椎センターのご案内」チラシはこちらからご覧いただけます。

主要対象疾患

西の京病院脊椎センターの特色

・腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症に対する 脊椎内視鏡下手術、顕微鏡下手術

・脊椎不安定症に対する 低侵襲固定術
CBT法経皮的椎弓根スクリュー(PPS)側方アプローチ椎体間固定術(XLIF)

・骨粗鬆症性椎体骨折に対する 椎体形成術(BKP)低侵襲椎体置換術

これらの最先端技術を駆使して患者様にとって負担の少ない治療を行っています。

主要対象疾患 手術の説明1  主要対象疾患 手術の説明2

医師紹介


Best Doctors 選出

脊椎センター長 向井 克容

平成4年 大阪大学卒

  • 医学博士
  • 日本専門医機構   整形外科専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
  • 日本整形外科学会  脊椎内視鏡下手術技術認定医
  • 日本整形外科学会  脊椎脊髄病医

<専門分野>
脊椎外科 内視鏡脊椎外科 腰椎椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄症 腰椎すべり症 頚髄症 などの治療

ご挨拶

長年、大阪厚生年金病院および地域医療機能推進機構大阪病院(JCHO大阪病院)で整形外科・脊椎外科センター部長として、最前線で脊椎手術治療に携わってきました。特に脊椎内視鏡手術をはじめ低侵襲固定術など、患者様にとって負担の少ない手術治療に取り組んでまいりました。この度、平成30年7月より西の京病院脊椎センター長に着任し、奈良の地で脊椎疾患診療に携わることとなりました。これまでの豊富な脊椎手術治療経験を活かして、一人でも多くの患者様の治療をさせて頂くことができればと考えております。

主要対象疾患、手術の説明 1

脊椎センター副センター長 吉田 真

平成3年 京都大学卒

  • 医学博士
  • 日本専門医機構 整形外科専門医
  • 日本脊椎脊髄外科学会 脊椎脊髄外科指導医、専門医
  • 日本整形外科学会 脊椎脊髄病医

<専門分野>
脊椎外科 腰椎椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄症 頚髄症 骨粗鬆症性椎体骨折 脊柱変形

ご挨拶

この度ご縁があり令和3年4月より西の京病院脊椎副センター長に着任することになりました。これまで京都大学整形外科、京都桂病院整形外科、関西電力病院整形外科・脊椎センター(大阪)、参宮橋脊椎外科病院(東京)にて数多くの脊椎手術を行って参りましたので、これまでの経験を生かして奈良の脊椎疾患治療の向上に少しでも貢献できればと思っております。
患者様の負担の少ない新しい脊椎低侵襲固定(XLIF)を当院に新たに導入し、今まで以上に”高齢者の方にもやさしい医療”を目指していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

主要対象疾患、手術の説明 2

整形外科医長 藤井 渉

平成15年 岡山大学卒

  • 日本整形外科学会専門医

<専門分野>
整形外科 脊椎脊髄病

非常勤

川崎 佐智子

平成23年 奈良県立医科大学卒

  • 脊椎脊髄病学会指導医
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター

<専門分野>
脊椎外科

非常勤

池尻 正樹

平成27年 奈良県立医科大学卒

  • 整形外科専門医

<専門分野>
整形外科(主に脊椎脊髄疾患)

掲示板