ご挨拶

山添薬剤部長挨拶

山添薬剤部長

 当院薬剤部では、正確かつ迅速な調剤を心がける事はもちろんのこと、最新の医薬品情報に基づき、安全かつ最大の効果を得られるよう薬剤の適正使用の推進に努めております。
 また、医療は細分化され、薬剤師もそれぞれの専門領域でエキスパートとして活動することが必要とされるようになっております。
 2016年11月に薬剤部も新しく改築、移設され、電子カルテの導入に伴い薬剤部内のOA化も充実してまいりました。さらに2019年5月より病棟薬剤業務を実施し、併せて薬剤管理指導業務を拡充するため日々邁進しております。

 現在、チーム医療への薬剤師の参画が強く求められている中、糖尿病治療(糖尿病教室など)や慢性リウマチ治療、がん化学療法、骨粗鬆症治療(OLS(Osteoporosis Liaison Service:骨粗鬆症リエゾンサービス))、NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)活動、感染防止対策(ICT(Infection Control Team:院内感染対策チーム))、CKD(Chronic Kidney Disease:慢性腎臓病)教育入院への参画、医療安全対策などチーム医療の一員として業務に励んでおります。
 さらに2020年度からは認知症治療チーム、心不全治療(Cast)チームの一員として活動することが決定しており、今後も病院薬剤師の活躍する場が増加していきます。
 薬剤部の拡充、発展をさらに強く推し進めるため、薬剤業務の見直し、働きやすさ・働きがいを感じられる環境作り、新たな活動を含めたチーム医療の強化を図っていきたいと考えております。
 患者様や他の医療スタッフから求められる部門として位置づけられるよう、薬剤部員一丸となり、一人一人のスキルアップを図り、より一層努力していきたいと考えております。